賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸選びで失敗しないための見学

見学は賃貸での大切な情報収集の場です

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸の見学では、新しい環境での生活が始まる上で、前の家との相違点はどうかなど、きちんと把握したほうが良いです。たとえば近くに買い物をするところはあるか、災害時にどう対処すべきかなど、気にし過ぎだといわれるかもしれないが、最近では地震が多いので気にしすぎということはないと思います。住んでみて気が付いたけど、という経験は誰しもがあると思います。

また気になったことはどんどん問い合わせたほうがいいです。たとえば台所のコンロは電気かガスか(引越しにあわせて電気にしますといわれたことがあります)防音などはどうか(少しの話し声でも聞こえてしまわないか)雨漏りはしないか(古い物件ではたまにありますからね)洗濯機は室内におけるのか、それとも外なのか(外の場合洗濯機が埃でかなり汚れてしまいます)後はインターネットやテレビの回線についてですね。こちらも部屋によってはアパート、またはマンションぐるみで工事しているということがあります。電話線が必要ないならば聞く必要はないかもしれませんが、テレビの線はどうなっているかは聞いたほうがいいです。賃貸なので多少の妥協は必要なこともあるかと思いますが、入室の際に業者の方に改善してもらえることはぜひ改善してもらいましょう。

Copyright (C)2017賃貸選びで失敗しないための見学.All rights reserved.