賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸物件の見学の際にチェックするポイント

賃貸アパートでも賃貸マンションでも、お部屋探しでは「見学」がとても大切なポイントとなります。ただ漠然と見るだけでは今後そこで長く生活するときに陥る問題点を見ぬくことが出来ません。そこで見学の際にチェックすべきポイントを紹介したいと思います。

まずは「コンセントや電話線」をチェックしましょう。場所と数が重要です。コンセントがあまりに少ないとタコ足配線のもとになり非常に危険な状況になります。また電話線ソケットやテレビがケーブルの場合、その場所もチェックポイントになります。「水回り」も重要です。キッチンの広さだけでなく使い勝手も考えましょう。また風呂トイレの広さもポイントです。狭すぎる風呂やトイレはストレスが溜まっていきますよ。「壁紙・床」畳であれば畳の状況もよく見ましょう。また壁紙も天井や床付近の端が剥がれかけてないか、シミがないか、チェックしましょう。リビングルームの壁紙にカビがあったら要注意です。最後に「共用施設」も忘れずに見ておきましょう。共有廊下や階段にゴミが散乱していたら管理がずさんである証拠です。また周囲の入居者のマナーなどもチェックしておきましょう。

このように、見学の際は間取り図だけでなく実際に見なければわからないことを重視してチェックするようにしましょう。

関連記事

関連サイト情報