賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸物件を決める際に注意して見る点

賃貸物件を探している際に、何件もの物件の見学に行ってから住む場所を決定する人が大半かと思います。物件を見学する際に注意して見ておきたい点について、自分の経験からまとめてみたいと思います。私が確認するのは、部屋の間取り、収納、キッチン、水周り、ベランダや窓から見た外の様子などです。まず、部屋の間取りですが、希望の間取りに近いかどうかを確認します。そして、自分の必要な家具や荷物等をその間取りに当てはめ、自分の理想の家になるかどうかを確認します。次に、収納ですが、こちらも収納は広い方がたくさん入りますが、あまり広すぎても奥のものが出せなくなり、不便なこともあるので、自分の持っている荷物が余裕を持って入るくらいの大きさかどうかを確認します。

キッチンについては、自分が実際に料理をすることを想像して、動きやすいキッチンかどうかや自分の必要な調理器具や食器を収納できるかを確認します。水周りについては、キッチンもそうですが、お風呂や洗面所がきちんとクリーニングされているか、使いやすいかを確認します。そして、ベランダや窓から見た外の様子ですが、線路や道路、その他の騒音になりそうなものが無いかどうかを確認します。騒音があるとストレスになりますので、注意して確認したほうが良いと思います。このように、自分に合う部屋かどうか見学する部屋毎に注意して見る必要があると思います。

関連記事

関連サイト情報