賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸に関するうんちく

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件を見学に行く時にはまずは外観を見たいと思います。外壁の亀裂や欠落等の異常個所が無いかどうか等を見ておくことは必要です。実際に住む要になって異常個所に気がついてもメンテナンスの対象になるかは不明です。事前に指摘しておくことは必要です。外観を一周してみて異常個所には触れてみて等のチェックが必要だと思います。異常を認めたらその時点で不動産会社や大家さんに伝えておく事だと思います。

賃貸物件の見学に行くと外観も気になるポイントですが、室内は実際に生活をする場になるので更なるチェックが必要になります。まずは玄関のドアからですが開閉がスムーズに行なわれるか・ズレ等が無いか・ドア自体に傷等の破損箇所は無いか・靴箱等の収納スペースは有る?室内では床の浮き上がり等の異常は無いか・フローリングの状態等も気になります。襖や障子等の破損箇所やキッチンの水周りやバスルームの壁等もカビ等が無いか・ドアの開閉に無理は無いか・間取りや各部屋やトイレ等の確認も必要になります。備え付けの棚や壁の亀裂等の異常の有無等も大事なポイントになります。ベランダは洗濯物等を干酢事が出来るスペースが有るか・隣の賃貸物件との境の仕切りは有るか等チェックポイントだと思います。

Copyright (C)2017賃貸選びで失敗しないための見学.All rights reserved.