賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸物件に見学する際の注意点

引越しをするために賃貸物件に見学をする際、案内役を務める業者の方はさもその物件が素晴らしいかのように紹介しますよね?実際その物件の説明をしてくれる箇所は素晴らしく、惚れ惚れしてしまいます。しかし注意して下さい。業者の方は少しでも早く契約を取りたいのです。また、業者のかたはそう言った物件の紹介に慣れています。美辞麗句を並び立て、紹介する物件がいかに素晴らしいかを説き、見学者を取り込みます。それが悪いとは言いません。業者からすればそれが仕事ですし、こちらを騙そうとしているわけではないのですから。だからと言って、業者のかたは全てをありのままに正しく語っているわけでもありません。業者の説明は参考にしつつも、過信するのか禁物です。自分の目で、自分の足であら探しをするつもりで物件探しに挑みましょう。業者の語る説明は疑うつもりで聞くほうがいいです。あくまで参考にする程度にし、物件一つ一つを自身で調べつくしましょう。業者が説明しなかった点が一つや二つはみつかるかもしれません。そう言った部分を見つけられるかどうかが重要です。それがいいものであるなら問題ありませんが、悪いのもでしたら住み始めてから気付くようでは遅いのですから。

少しすれた考えになってしまいますが、業者の語る言葉は疑うにこしたことはありません。説明に嘘はありませんが、過不足なく語っているとはかぎらないからです。どの物件にも長所はあり、それと同時に短所も存在していることを肝に銘じましょう。

関連記事