賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸物件の見学の際のポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件に住むと決めたらまずは、不動産屋を訪れます。不動産屋では、条件に合った物件を一緒に探し出してくれますし、気になった物件があれば部屋の見学をさせてもらえます。引っ越した後に後悔の無いようにお部屋の中をしっかり見学させてもらいましょう。見学の際の注意点ですが、間取り図だけではピンとこない部屋の広さ、トイレやシャワー等の設備、キッチンのコンロ数など細かい所も見ておきましょう。線路際だと騒音が気になる可能性もあるので自分の耳で確かめておきましょう。分からないことがあったら細かい所は、不動産屋が説明してくれるのでしっかり確かめてください。共有部分もチェックも重要です。自転車置き場の有無やゴミ捨て場、管理はしっかり行き届いているかも見ておきましょう。女性の場合、防犯面も意識し、オートロックの確認や窓から忍び込めそうにないかなど、チェックしておいた方が安心でしょう。

新生活を始めるにあたって周辺環境も重要になってくると思います。見学の際、治安や、周辺のスーパー・コンビニの有無等も不動産屋に聞けば教えてくれます。あとで後悔しないようそのあたりもしっかり確認しておきましょう。見学後に自分の足で周辺を歩いてみるのも良いでしょう。

Copyright (C)2017賃貸選びで失敗しないための見学.All rights reserved.