賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸を見学する際の注意点とポイント

賃貸物件を実際に見学に行く際の注意点は、周辺環境、外観、公共スペース、玄関、収納、お風呂場、キッチン、洗面所、トイレ、洗濯機置き場、ベランダ、窓、押し入れ、クローゼット、エアコンなどなど。短時間で細かい所までチェックする事になりますので、予めチェックしておきたいポイントのリストを作り、見学当日に持って行くと見落としがなくすみますので、おすすめです。そして見た目だけではなく、実際に、水道の水をながして、水圧をチェックしたり、水が濁っていないか、水が蛇口からぽたぽたと落ちていないかなどといった部分も確認してみましょう。

また排水の臭いもチェックしておきましょう。そして窓を実際に開け、スムーズに開くかどうか、また網戸に穴は開いていないか、押し入れの中は十分な広さがあるか、見落としがちなお風呂場の天井もカビが生えていないか、キッチンや洗面所は引き出しや戸棚を実際に開けて中を確認しましょう。カビのチェックは意外と見落としがちですが、注意点です。室内以外でも、窓からの景色もチェックしましょう。窓から見えるのが墓地やゴミ置き場といった物件もありますので、インターネットなどの写真ではチェック出来ない部分をこの時にしっかりと見ておきましょう。

関連記事

関連サイト情報