賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸物件などの見学の際に後悔したこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分は3年ほどまえに賃貸のアパートに引っ越したのですが、正直今のアパートにはかなり痛い思いをさせられました。アパートなどを検討されていられる方はまずは必ず見学をする事をおすすめいたします。そして見学の際注意すべき点を自分なりに説明させていただきますので、よろしければ参考にしていただけたらと思います。

賃貸物件などで注意すべき点は、騒音、湿気、築年数です。騒音は、見学時だけでは判断しづらいのが注意点です。特に木造の場合、希望の部屋が一番上の階ではない場合は、天井(上階の床)が防音になっているか、壁越しにリビングなどがある部屋は壁にも防音が入っていないと正直けっこううるさいと思います。次は湿気です。一番湿気が多いのは一階の真ん中の部屋の場合が多いです。うちの場合はそのせいで、部屋中カビだらけになったことがあります。最後に築年数です。これに関しては、いまの年数がどうこうではなく、いつごろリフォームする予定があるかです。新築の場合はそれほど気にしなくても大丈夫かと思いますが、15年から20年経っている場合は、だいたいどのくらいにリフォームする予定があるか、きちんと聞いておいたほうがいいです。

冷静になって見た目にだまされず、高揚したテンションを落ち着けて、いい物件を見つけ出してください。

Copyright (C)2017賃貸選びで失敗しないための見学.All rights reserved.