賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸マンションを探す際の見学で見ておきたいところ

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件探しを経験者と一緒に行って不動産会社の人と三人で周る事が出来れば経験者からもアドバイスをもらう事ができますが、中々予定が合わなかったりとどうしても不動産会社の人と二人で物件を周る事になることが多いです。この場合は見学においてどこを見ておきたいのかという事や、どの様な設備であればいいのかを予め考えておく必要があります。その見学の注意点はまず部屋が劣化していないかという事です。汚れ等が目立つ場合はその物件の管理会社が清掃を怠っている場合もあるのでオススメできません。次にトイレと風呂が別で備え付けられているかということです。これを気にする人は非常に多いので見ておきたいところです。

次に台所の広さです。出来るだけ広い方が使い勝手が良いですが、重要なのはコンロの数や収納設備です。台所には出来るだけ物が収納出来た方がいいので収納に関して注意します。以上のところを主に注意して見ておくべきですが、見学に関して気をつけたいことは他にもあります。それは一日に見学に周る物件は三つまでにしておくことです。これ以上見て周ると結局どの物件が良かったのか整理できなくなり、せっかく見学出来て見れた事が役に立たなくなりますので注意したいところです。

Copyright (C)2017賃貸選びで失敗しないための見学.All rights reserved.