賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸への見学で冷暖房器具やスリーブ穴

このエントリーをはてなブックマークに追加

夏であったり、冬においてはいろいろな施設で節電をされます。自宅にいるよりは快適と思ってそれらの施設に行ってみると、夏は外より少し涼しいくらいです。結構暑いのです。冬は、室内でもコートが手放せません。節電で冷暖房を弱めに設定するのは良いですが、もう少し下げるなり上げるなりして欲しいと思いました。そういった苦情は出ているようで、建物の古さを理由にされていました。設備自体が古くなっているのも原因だと思います。

賃貸に見学をするときには、冷暖房器具の位置を見ておきます。これは設置されている場合の話です。エアコンについては、最初からついている物件が多くなっています。ついているのは良いのですが、それが普段使うのに問題がないかです。部屋のどこにでも取り付ければよいものではなく、効果的に暖めたり冷やしたり出来る場所があります。窓の位置から仕方なくあるところに取り付けてあるものがあります。それだと快適に暮らすことができません。

エアコンが取り付けられていないなら、自分で取り付けることになります。その時には、スリーブ穴の位置を確認しましょう。室外機と結ぶ穴になります。この穴があるところの近くに設置することになりますから、それが良い場所かです。

Copyright (C)2017賃貸選びで失敗しないための見学.All rights reserved.