賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸契約で失敗しないためにも見学はしっかりと!

賃貸契約をして、晴れて入居となったとき、いざ暮らしてみると「何だかイメージと違う・・・」と感じてしまったことはありませんか?それはきっと見学の際に見落としていたことがあったから。こういったことにならないように、ネットや情報誌でせっせと賃貸を探している方、それももちろん大切ですが、実際に足を使って見学に行ってみましょう!

友人の話ですが、実際に下見に行ったところ「思っていたより広くなかった」と感じたそう。間取り図では6畳と書いてあったのに、体感としてはもっと狭く感じたようです。それって記載が間違っているのでしょうか?実はこういう話は結構耳にします。不思議に思って調べてみたところ、和室の場合だと1畳の大きさが地域によって違うのが原因なんだそう!これにはとても驚きました。住み慣れた地域以外に引っ越して契約をする人は、その土地の1畳の大きさを知っておかなければいけないんですね。そして、狭いと感じるもうひとつの理由として、柱や梁が原因になっている場合もあるそうです。間取り図には書いていないけれど、柱が立っていたり梁が出っ張っていたりなどして、想像していたほどは開放的な空間がなかったりなんてこともあるみたいです。

関連記事

関連サイト情報