賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸選びで失敗しないための見学

周辺環境を実際に歩いてみて見る賃貸物件見学の際の注意点

賃貸物件を選ぶ際は、実際に見学してから契約する事は基本中の基本ですが、その他にも注意しておくと良い事があります。お気に入りの物件は、数件選び、不動産会社に予約を取って実際に見学に行ってみましょう。物件の見学では、室内では、収納や水周り、風邪通しなどをチェックする事はもちろん、隣の建物との距離も見ておくと良いでしょう、窓を開けたら隣の部屋から丸見えといった場合もありますので、特に女性の場合は防犯の面も考慮する必要があるでしょう。さらに部屋のコンディションも要注意です。破損や汚れ等は特に気をつけてチェックしましょう。そして必ず入居前に不動産会社へ知らせておく事です。入居前に修理、修繕してもらえる場合もあります。

そして、意外と忘れがちなので、周辺環境です。物件の共有スペースはもちろんですが、「駅から徒歩10分」という物件でも実際に歩いてみたら20分かかったという場合もありますので、実際に最寄りの駅まで歩いてみましょう。駅まで歩く事で、物件の周りの商店や治安などもチェックする事ができます。女性の一人暮らしなどでは、出来るだけ明るく人通りが多い場所であると理想的でしょう。また近くにコンビニやスーパーなどがあるかどうかもその時にチェックしておくと良いでしょう。

関連記事

関連サイト情報

  • 勤怠管理に困ったら簡単運用のこのソフトです