賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸の見学で柱の出っ張り具合を見る

オフィスビル等において、耐震工事をすることがあります。それぞれのビルによって異なりますが。窓の部分に斜めに柱を入れることがあるようです。学校などにおいても、窓の部分に斜めやばってんを描くように柱が入れられています。窓の外であれば空間が取られることはありまえんが、場合によっては内側に設置されることがあります。そうなると、その部分は使えなくなくなることがあります。それまで物を置いていたのに置けなくなったところもあります。

柱については、建物の耐震性や強度のためには必要なものです。かと言って、むやみやたらに柱があっては柱にぶつかってしまうことになります。賃貸の見学においては、柱の出っ張り具合を見ておきましょう。間取り図を見ると、どこに柱があるなどについては確認できます。見学では、実際の柱の太さなどを見ます。また、柱と壁の間の距離などです。そこに家具などを置くなら、柱が太かったりすると置けなくなることがあります。間取り図だけではわからないのです。

実際に物を置くわけにはいけないので、メジャーなどを利用することになります。事前に机の長さの紐などを用意しておいて、それらがきちんと収まるかを調べるのも良いです。短い時間で、てきぱきと見ていきます。

関連記事

関連サイト情報