賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸選びで失敗しないための見学

賃貸の見学のとき階段と廊下がきれいかを見る

たばこを吸う人はよくポイ捨てをします。吸わないのでわかりませんが、もし家の前でされたとしたらあまり気持ちよくはありません。その人もそのように思うのではないでしょうか。街なかにもタバコの吸殻がよく落ちていますが、吸い殻だらけになることはありません。風で飛ばされることもありますが、大半はその地域の人達が掃除をしてくれているのです。吸った人とは全く無関係の人が掃除をしてくれているおかげで、きれいな状態を保てます。

賃貸物件を見学するとき、きれいに掃除がされているかを見ておきたいです。外観がきれいだと憧れてしまうことがあります。外観では見えないところとして、階段や廊下があります。この部分は共有部分になり、それぞれの人が自由に使えるところです。特にルールなどを決めていなければ、住人がそうじをすることはありません。となると、ゴミがそのまま捨てられていることがあります。それはあまり好ましいことではありません。どれくらい落ちているかです。

秋に落ち葉が多少落ちているぐらいなら良いですが、煙草の吸殻、空き缶があるとしたら住人のマナーの問題もあります。管理人さんが掃除をしてくれるから良いではなく、住んでいる人のマナーのチェックにもなるのです。

関連記事

関連サイト情報